プロフィール
木村 友梨香 (きむら ゆりか) 
     
       
北海道岩見沢市出身。4歳よりピアノを始める。東京音楽大学付属高等学校及び東京音楽大学(ピアノ演奏家コース)卒業。高校・大学在籍全期間、特待奨学生として学ぶ。ヤマハ音楽振興会音楽支援奨学生(2012~2014年度)。平成29年度文化庁新進芸術家海外研修員。

これまでに宮澤功行、宮澤陽子、菊地麗子、石井克典、鈴木弘尚の各氏に師事。現在、ベルリン芸術大学修士課程に在籍し、Markus Groh氏の下で研鑽を積む。

ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会にて、B級金賞、C級ベスト賞、D級ベスト賞、Jr.G級銀賞、特級ファイナリスト。福田靖子賞選考会奨励賞(第3位)受賞。

2011年 第4回ASEAN国際協奏曲コンクール(ジャカルタ)第1位、F.リスト特別賞受賞。

2012年 第13回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA、プロフェッショナル部門アジア大会銀賞受賞(最高位)。

2013年 日墺文化協会フレッシュコンクール最優秀賞受賞。

2015年 第17回ショパン国際ピアノコンクール(ワルシャワ)本大会出場。

2016年 第8回ロザリオ・マルチアーノ国際ピアノコンクール(ウィーン)グランプリ受賞。

2018年 第6回スヴェティスラフ・スタンチッチ国際ピアノコンクール(ザグレブ)第5位受賞。

これまでにポーランド・クラクフ室内管弦楽団(指揮:ローラント・バーダー氏)、オーケストラHARUKA(指揮:橘直貴氏)、ワルシャワ・ストリング・カルテット、東京フィルハーモニー交響楽団(指揮:岩村力氏)、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(指揮:高関健氏)等と共演。

海外に於いて、ドイツ(ベルリン・フィルハーモニー室内楽ホール)、フランス(サル・コルトー)、スペイン、オーストリア、カナダ、ロシア、ポーランド等にて多数コンサートに出演。2010年、バンクーバー「Art Gallery」、「Silk Purse」にて海外初のソロリサイタルを開催。2014年、韓国にてソウル国際音楽祭「Fringe Concert」に出演。2017年3月、ウィーン「Bösendorfer Saal」にてソロリサイタルを開催。Mozarteum International Summer Academy、Euro Music Festival&Academyにてディーナ・ヨッフェ氏のクラスを受講、受講生選抜コンサートに出演。

国内に於いては、東京文化会館にて東京音楽大学卒業演奏会、日本ピアノ調律師協会新人演奏会、東京丸ビルにてラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン丸の内エリアコンサート等多数コンサートに出演、またリサイタル開催するなど、積極的に演奏活動を行う。
2019年、KNS Classicalより初のアルバム「Carnaval」をリリース。
     
 (2020年1月現在)      

Copyright(C) 2016-2020 Yurika Kimura. All right reserved.